作上がり法要のごあんない

  • 2018.06.23 Saturday
  • 20:45

夏のつどい「作上がり法要」をお勤めします。

 

たとえ朝咲いて
夜散る花であっても
その中には無限のいのちがある

              金子大榮

 盛夏の砌、みなさまいかがお過ごしでしょうか。今年もお寺の蓮華が華麗に咲きました。蓮華は仏に象徴としてしばしば語られます。

  花、散りて次のいのちの花咲かす。

 すなわち、次のいのちの華を咲かすたらきが「いのち」であることを仏教えてくださいます。

 一方、私達の方はどうであるかというと、「自分が死ねばいのちは終わる」と刹那的に考え、生と死を分断して考えているように思えます。

だからこそ仏はそのような人間の心闇を破って、真実なるまことのいのち。無量の寿(いのち)に目覚めせるのです。

どうぞお孫さんやご家族など、次世代の念仏者と共に法要に参詣くださるよう、ご案内いたします。

 

コメント
コメントする








    

selected entries

archives

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM