秋季永代経法要

 永代経法要は春と秋の二季でお勤めしています。
春は5月、秋は11月です。
真宗の各法要では、お経が上がるのはこの永代経法要だけです。各お寺によっても違うところはあるかもしれませんが、基本的に永代経で上がります。この法要の勤め方は地域や寺院によってまちまちです。
真宗で勤めする「永代経」とは、「永代読経」の略で、自分に先立ち浄土に還られた念仏者を憶念し、先達が聞き大事にしてきたお経(教え)を今を生きる私も頂き、未来永代子々孫々にまでその経(教)の用きに出遇ってほしいと願って勤まります。「先達・先祖を御縁とする」というかたちをとりますので、永代経は先祖の追善供養という認識が一般には強いように感じますが、浄土真宗における「永代経」は、狎菽・先祖を御縁として私が経(教)を頂き未来永代に伝える瓩箸いΔ海箸本義となります。

 亡き人への追慕の心は人間だけが持つ感覚として時には美しくもある。しかし時には憎しみや怨みも引き起こし、引き返しのきかない事態をも引き起こす。それほどに生者の我が身の情は深い。これはみな生者の側からの一方的な狆隲瓩砲垢ない。追善の供養とはそのような情によってしか成り立たない。しかし、経にはその「情によってしか見つめることのできぬ我。そして真に依ることを知らぬ我が身を知れ」と説かれる。

今回の講師は加来知之師でした。
コメント