報恩講 結願

これで今年の報恩講は今日でおわりです。

式次第
<日中>10:00~
  文類正信偈  文類正信偈 行四句目下
  念仏讃    濁五三
  和讃     『三朝浄土の大師等』
  廻向     願以此功徳
         『改悔文』  



最終日、結願(けちがん)は法衣をつけます。フィナーレのトリを飾る和讃は「如来大悲の恩徳は」です。





台所も大忙しです。最後の日は参詣者全員にお斎がふるまわれます。












片付けの前にお斎をいただきます。これで報恩講最後のお斎です。




食事<メニュー>



お斎の後は、報恩講のすべての荘厳をといて平常の荘厳に戻します。夕方までかかって華をいけかえます。華方は大変です。








お華束も全部ばらばらにして、皆さんに持って帰っていただきます。














一周間かかった準備も片付けは本当にあっけなく、早いものです。





厨房班はようやく食事。
今日まで約2週間。厨房班は、昼夕のお斎の準備で法話を聞く時間がほとんどありませんでした。
ほぼ毎日違うメニューでお斎をつくっていただきました。とてもおいしかったです。ありがとうございました。
毎回思うのですが、やはり一番の貢献者は厨房班のみなさんではないかと思います。拍手
ごちそうさまでした。そしておつかれさまでした。



明日は『お浚い/おさらい』で、報恩講が終わって息つく暇なく来年の報恩講へ向けて新たに始まることを意味しています。


コメント