報恩講準備/6日目 お華束の荘厳

今日は昨日に引き続きお華束つくりです。
昨日は人海戦術で餅つきを行いましたが、こんどはその餅を串に刺して内陣荘厳にします。
いわゆる「お華束/おけそく」といわれる荘厳です。
このお華束方は、毎年浦郷の担当になっています。浦郷のお華束方は精鋭部隊ですが、熟練した手つきでやっています。
去年お華束方に長年貢献した方が二人亡くなられましたが、そのお二人は「日本一のお華束をつくる」といって本廟にも足しげく通い研究を重ねたと聞いています。一人は家具職人だったため、お華束をつくりるための道具の工夫はなかなかなものがあります。
あまりシステマチックにするのもどうかなと思うところもありますが、それでもたいしたものです。






完成するとこんな感じです↓



お華束方スナップショット。




その後は打ち上げ。総勢20名

<献立>
にぎり寿司
唐揚げ・フライ
ブロッコリー・ハム・かまぼこ
大根と角煮の煮物
かぶの酢もの
すまし汁

酒/ビール


コメント