おとなの寺子屋講座 その2 〜お通夜編〜

  • 2018.10.23 Tuesday
  • 13:55

おとなの寺子屋講座  もしもに備えて知っておきたい仏事 その2 〜お通夜編〜

浄土真宗入門講座

 前回に続いて、今度はお通夜編を行います。

普段なじみのないお悔やみごとなだけに、「こういうときどうしたらいい?」とか、緊張する場だからこそ、失礼や失敗のないようにしたい。

だけど、何をどうすればいいのか、こういう時って何をすればいいのかわからないことって沢山あります。すぐには解決できないことですが、まず仏事の謂われや意義をまず知っておくことは大事です。

作法やしきたりなど、よく分からない、あるいは何でこんなことするの?という疑問は尽きません。知っていて損はしないもしもに備えて知っておきたい仏事。

25日 10:00から 

お待ちしております。

第3期 おとなの寺小屋講座がはじまります!

  • 2018.09.17 Monday
  • 14:00

毎月25日は、蓮如上人・法然上人ご命日として法座が勤まっています。

昨年からはおとなの寺子屋講座と銘打って「浄土真宗入門講座」を開いています。

今回は9月から新たに3回限定として下記のテーマで行います。どうぞお見逃しなく。

どなたが何回お参りされても結構です(参加費不要)。参詣された方には終了後、お弁当をお出ししますので、お寺まで連絡をくださるようお願いします。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーご案内ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 現在、テレビや雑誌などで紹介されている一般的な心得では浄土真宗の教えにそぐわないことが多くあります。
そこで大切なのは浄土真宗における仏事が何をするために行われる宗教儀礼であるのかをまず明確にすることが大事です。そこが抜ければ、仏事は一過性の通過儀礼に終わってしまいかねません。
そこで、今回からの講座は作法やしきたりや心得・由来などについても出来るだけ解りやすく紹介しながら、それぞれの仏事の意義や歴史についてもお話できればと思っています。


どうぞ有縁の方々を誘いあってお参り下さい。真宗大谷派 亀水山 萬行寺

 

 

秋の彼岸会のご案内

  • 2018.09.12 Wednesday
  • 20:07

暑さ寒さも彼岸まで。いよいよ、お彼岸の案内です。

今回の法要は右のテーマについて各ご講師にお話しいただきます。
私たちの暮らしの中で「浄土」という言葉を聞くことがなくなりました。言葉がなくなるという事は、「精神の死」であるといわれます。
浄 土は「いのちの帰す処」。または安心して生きて往くことのできる 土 (環境)であると宗祖はいわれます。そうであるならば浄土なき人生は、行くあてのない旅と同じで孤独で不安です。浄土は 眞 に往くべき 宗 (依り処)を失った現代に生きる人間を問うています。
どうぞ、お孫さんやご家族など有縁の人々を誘って、ぜひ参詣下さい。
 

 

お盆法要

  • 2018.08.13 Monday
  • 16:54

 盂蘭盆会のご案内

 

8月 13・14・15日の三日間

 

夕方7:00より

 

萬行寺本堂にて

 

仏説阿弥陀経(読経中に焼香があります)

 

======================

「盂蘭盆会(うらぼんえ)」は、目連(もくれん)尊者の母親が餓鬼道に墜ちているのを救うため、釈尊に教えられて法座を立てたことに由来しています。それは、目連自身が仏法を聞く縁に遇って、亡き母を餓鬼道に落としていた我が餓鬼の根性に気づかされる尊い仏縁でありました。

 お盆は、あらためて先祖・亡き人の声なき声に耳を傾け、我が身に目覚める聞法のご縁です。お寺で法座がある場合は、ぜひお参り下さることがもっとも尊い本来のお盆の意義であります。

 

 

作上がり法要のごあんない

  • 2018.06.23 Saturday
  • 20:45

夏のつどい「作上がり法要」をお勤めします。

 

たとえ朝咲いて
夜散る花であっても
その中には無限のいのちがある

              金子大榮

 盛夏の砌、みなさまいかがお過ごしでしょうか。今年もお寺の蓮華が華麗に咲きました。蓮華は仏に象徴としてしばしば語られます。

  花、散りて次のいのちの花咲かす。

 すなわち、次のいのちの華を咲かすたらきが「いのち」であることを仏教えてくださいます。

 一方、私達の方はどうであるかというと、「自分が死ねばいのちは終わる」と刹那的に考え、生と死を分断して考えているように思えます。

だからこそ仏はそのような人間の心闇を破って、真実なるまことのいのち。無量の寿(いのち)に目覚めせるのです。

どうぞお孫さんやご家族など、次世代の念仏者と共に法要に参詣くださるよう、ご案内いたします。

 

おとなの寺子屋講座4

  • 2018.06.17 Sunday
  • 23:39

第4回

〜道徳と仏教〜
倫理や道徳は人の道として大切だといわれます。では仏教は道徳をどのように受け止めているのでしょうか。または道徳が高められると宗教になるのでしょうか、第4回目は道徳と仏教について学びます。

 

永代経法要が始まります。

  • 2018.05.13 Sunday
  • 10:49

17日(木)から 永代経法要が始まります。

 

ご門徒のみなさまへ

 

 前に生まれん者は後を導き、後に生まれん者は前を訪え。連続無窮にして、願わくは休止せざらんと欲す。無辺の生死海を尽くさんがためのゆえなり。    道綽禅師のことば

 

 ずいぶんと暖かくなってまいりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、今月の17日から三日間にわたって永代経法要が厳修されます。永代経法要は浄土真宗のみ教について説かれた『浄土三部経』 が読誦される肝要の法要です。

 

 お経には、浄土こそ真実をあきらかにした教えであるといただいて生きた先達から、未来を生きる人々へメッセージが込められています。いったいお経にはどんなメッセージが書かれているのでしょうか。
この度の法要は「お経のこころ」を訪ねる私たち真宗門徒にとって大事な法要です。
どうぞ万障繰り合わせて参詣下さいますようご案内いたします。

 

●お寺の参詣はどなたが何回されても自由です。案内状が届いていない方でもお参りできます。案内状が届いている方は有縁の方を誘ってお参り下さい。

 

●ご自分の家の先祖の有無や分家であるなしに関わらず、どなたでもお参りは自由です。

 

お参りには肩衣/念珠/お勤めの本を持参ください。

 

 

 

     日      日中         逮夜    おつとめ   法話
17日(木) 10:00〜12:00 仏説無量寿経   住職
19:30〜21:00 正信偈・和讃 浮辺泰祐師
18日(金) 10:00〜12:00 仏説観無量寿経   〃
19:30〜21:00 正信偈・和讃   〃
19日(土) 10:00〜12:00 仏説阿弥陀経   〃

おとなの寺子屋講座2

  • 2018.03.13 Tuesday
  • 23:34

第2期目の2回目「おとなの寺子屋講座」25日(日)

 

〜お仏壇の意義〜

「仏壇」は”ご先祖を祀る”ためにあると考えられているのが一般的です。

しかし、真宗では元来から「お内仏」と呼び習わされ、仏さまの教えをいただくためにあるとされています。

現代の私たちが忘れている「こころのゆたかさ」を訪ねる第2回目です。

おとなの寺子屋講座1

  • 2018.03.13 Tuesday
  • 23:32

今月の25日から第2期目(6回限定)の「おとなの寺子屋講座」の第1回が始まります。

1回目と2回目は都合よく日曜日に当たりました!

みなさまどうぞおいでください。

 

真・化・偽の宗教

神仏への祈りや加持祈祷・墓参り・先祖供養・・・・。

あまりに多様でわから ない「宗教」。「真」と「偽」の宗教。

または宗教ではないけれど、宗教にみえる 教えとは何なのでしょうか。

第1回目はまず「宗教」について考えたいとおもいます。

花まつり

  • 2018.03.13 Tuesday
  • 23:30

 



花まつりはじめます。

お彼岸はじまります

  • 2018.03.13 Tuesday
  • 22:13

 寒かった冬がようやく去り、待望の春がようやくやってきました。

 そして、いよいよ春のお彼岸が始まる時節となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 岸会とは、春分の日と秋分の日を中日とした前後を合わせての一週間の期間に勤められる法要のことを言います。

 この習慣は極東日本ならではの習慣です。その起源を尋ねると聖徳太子の頃からだともいわれています。
古来より真宗の門徒は太陽が真東から真西に沈むこの時期には、善導大師が観無量寿経疎の日想観で云われるように、夕日が西方の浄土に沈む様子をイメージしてきました。

 その様子は迷い多き世界「此の岸」から、仏のさとりの世界真実の世界、つまり「彼の岸」へと「渡って来こい」と仏が呼んでくださっているといただいて念仏に勤しんできたという歴史があります。

 


また、春はいのちの萌え出る季節でもあります。その春を愛でつつ、今日の私を育んでくださった念仏の大地と先達のご恩を憶いながら念仏もうしたいものです。

 

 お寺の法要はどなたが何度参られても自由です。宗旨など関係なくどなたでもお参りできます。お孫さんやご家族・友人など、有縁の方を誘いあってぜひお参りください。

 

 

 

 

 

 

 

 

キャプション

<法話スケジュール>

18日(日中)亀井 攝

     (萬行寺住職)

   (逮夜)加来 知之 師

19日(日中)  〃

   (逮夜)  〃

20日(日中)  〃

       (逮夜)林田 信也

      (萬行寺役僧)

21日(日中)三澤 教悟

      (萬行寺役僧)

       (逮夜)此松 純劫

      (萬行寺役僧)

22日(日中)亀井 攝

      (萬行寺住職)

 

おとなの寺子屋講座が再び開講されます!!

  • 2018.02.24 Saturday
  • 15:45

毎月25日 朝10:00〜12:00

 

2月25日(日)〜真・仮・偽の宗教〜
神仏への祈りや加持祈祷・墓参り・先祖供養・・・・。 あまりに多様でわからない「宗教」。「真」と「偽」の宗教。または宗教ではないけれど、宗教にみえる教えとはどのようなものでしょうか。第1回目は「宗教」について考えます。


3月25日(日)   〜お仏壇の意義〜
「仏壇」は”ご先祖を祀る”ためにあると考えられているのが一般的です。しかし、真宗では元来から「お内仏」と呼び習わされ、仏さまの教えをいただくためにあるとされています。
現代の私たちが忘れている「こころのゆたかさ」を訪ねる第2回目です。

 

5月25日(金)〜真宗とお墓〜
そもそも仏教にお墓について直接言及した教えはありません。しかし、今日お墓まいりといえば仏教行事といわれるほど、仏教とお墓は欠かせない関係です。そこで、真宗においてお墓とはどのような意義があるのかを考えます。

 

6月25日(月)〜道徳と仏教〜
倫理や道徳は人の道として大切だといわれます。では仏教は道徳をどのように受け止めているのでしょうか。または道徳が高められると宗教になるのでしょうか。第5回目は道徳と仏教について学びます。

 

7月25日(水)〜お寺ってどういう処?〜
お寺の法要は何のために行うのでしょうか。そして、そこにお参りすることにどんな意義があるのでしょうか。
真宗寺院でつとまる年中法要や年間行事はどのような意味があり、お寺は誰のためにあるのかをたずねてみたいと思います。


8月25日(土)〜布施するこころ〜
布施は仏教の根本精神を体現する大切な修行の一つとして尊ばれています。
お寺はその「布施行」を実践する道場であるといわれています。経済中心の現代を生きる私たちがわすれてしまっている「布施するこころ」に学ぶ最終回です。

 

archives

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM